FC2ブログ
第一回東広島映画祭
第一回東広島映画祭のブログです。 映画祭の企画内容等、随時更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画祭が無事終わりました!
映画祭が無事終わりました!

12月1日午前0時から始まった第一回東広島映画祭は、
当日券を求めるお客様にも恵まれ、チケット完売・事故なしで
終了いたしました!

深夜にも拘らず、本当にたくさんのご来場ありがとうございました。

映画上映、トークショー、ショートフィルムコンペという
盛りだくさんな内容でお送りしましたが、みなさん楽しんで
いただけたでしょうか。

私の慣れない司会のため、見苦しい点もあったかと思いますが、
深夜の映画館というちょっと不思議な空間を楽しんで
いただけたなら幸いです。

トークショーでは、浜本正機監督と三浦ひろみさんに
映画『あかね空』を模した寸劇にも参加していただくなど、
通常の映画祭では絶対に実現できないであろう一幕もありました。
快く受け入れてくださった浜本監督、三浦さん、
本当にありがとうございました。

その寸劇の際、こちらのミスでゲスト様の対応に
失礼があったことを深くお詫びいたします。
アンケートの中にもそのことをご指摘されたものがありました。
アンケートは次回の映画祭のために生かさせていただきます。

コンペでは、東広島から応募された中尾恵美さんの作品
『スタート』が大賞を受賞されました。
東広島市西条の特産品、日本酒と和菓子をお送りします。
おめでとうございます!
公開審査会では、審査員の浜本監督、黒川忠雄さん、
河本清順さん、有元伸子さんによって、それぞれの作品に
対して丁寧な講評が行われました。
みなさんありがとうございました!

トークショーの様子

スポンサーサイト
コンペ・上映作品決定!
ショートフィルムコンペティションの
上映作品が決定しました!


応募総数38作品の中から、厳正な一時審査を
通過した6作品が映画祭当日に上映されます。


上映作品
①『指なり』
 団体名:広島大学映画研究会 監督:松元将征

②『-無題-』
 団体名:代々木アニメーション学院 監督:今村直哉

③『スタート』
 個人作品 監督:中尾恵美

④『Dear SOLOMONGUNDY』
 団体名:広島市立大学自主制作映画研究会 監督:辻原咲起

⑤『koube【首・頭】』
 団体名:広島修道大学 監督:新沖由美

⑥『すべって ころんで フラーイ』
 団体名:代々木アニメーション学院広島校 監督:横山愛


たくさんのご応募、本当にありがとうございました!


当日は公開審査会により、大賞を一点選出いたします。

<審査員>
浜本正機氏(映画監督)
黒川忠雄氏(映画研究家)
河本清順氏(「尾道に映画館をつくる会」代表)
有元伸子氏(広島大学教授)
久保嘉宏(当映画祭実行委員会代表)


大賞に輝かれた制作者の方には、東広島西条特産品の
日本酒が贈呈されます。

上映作品はそれぞれ全くテイストが異なったものばかり
になったかと思います。

それだけにお客様や審査員の方々の反応が楽しみに
なってきました。

ショートフィルムコンペティションは、午前3時ごろから
始まります。
どうぞお楽しみに!
上映作品のお知らせ
いよいよあと3週間で映画祭が開催されます!

当日の上映作品をお知らせします。
『あかね空』(2006年 監督:浜本正機)

『ジョゼと虎と魚たち』(2003年 監督:犬童一心)
 『かもめ食堂』(2005年 監督:荻上直子)
 『ゆれる』(2006年 監督:西川美和)

上映作品は以上の4作品です。
当日はの中から1作品を選んでいただき、『あかね空』と
あわせて合計2作品をご覧いただけます。

もちろん、浜本正機監督のトークショーとショートフィルム
コンペティションも1チケットで全てご覧いただけます。

チケットは
●T・ジョイ東広島
●広島大学西2生協
で取り扱っております。
前売り券にはポップコーンとドリンクがつきます。

ぜひお早めにお求め下さい!
【重要】コンペ応募期間の延長について
すっかり寒くなってきた今日この頃、
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

さて、以前、10月15日迄と発表させていただいていた
コンペティション部門への作品応募期限について
変更がありますのでお知らせいたします。

この度、さらに多くの作品を応募していただきたいという
思いのもと、応募期限を延長することになりました。

新しい作品応募期限は、11月10日です。

コンペティション受賞作品には、東広島市西条の特産品である
日本酒などの賞品に加え、 賞金も出る可能性があります。 

あなたの心がこもった作品を、映画館の大スクリーンで
放映できるかもしれない大きなチャンスです。
現役の映画監督にもあなたの作品を
観ていただけるかもしれません。

まだまだみなさまからの作品お待ちしております。
学生の皆さん、ふるってご応募くださいね!

お問い合わせ
hffexco@infoseek.jp 久保 まで
コンペの応募に関する追加情報
コンペティションへの参加を考えてらっしゃる方へ連絡です!

東広島映画祭の企画の一つ、ショートフィルムコンペティションに応募していただく際、
以下の事項を明記した書類をDVDに添えてお送りください。

①作品名(ふりがな)
②上映時間
③監督名(ふりがな)
④団体名(ふりがな)
⑤80字程度の簡単な作品解説
⑥連絡先住所
⑦メールアドレス


なお、応募する際の形式はDVDに限らせていただいております。
よろしくお願いいたします。


5大学映画研究会交流会に行ってきました
昨日の8月12日(日)
広島修道大学で行われた、県内の映研交流会に行ってきました。

各大学の制作作品を上映し、その後映画に関するさまざまな議論がなされました。

我々広島大学も参加し、前回作「かくらんぼう」を上映してもらいました。
「かくらんぼう」は、主人公の留守中に侵入した謎の4人が、独善的で意味不明の論理で主人公の心をもてあそび、最後には「酷い」結末を迎えるという、コントのような映画作品です。

他大学の作品とは完全に方向性が違っていたため(笑)、いい意味でも悪い意味でも浮いていたような気がします。

他大学の作品もそれぞれ方向性があり、作るのに苦労しただろうな、と思わせる力作が揃っていました。
我々の経験には欠けている特殊効果の試みもたくさん見られました。
特殊効果はたくさん使えばいいというものではないですが、工夫する精神がなければ絶対に完成度の高いものは作れないと思います。いろいろなことを試みて、みなさん楽しんで作ってらっしゃるという印象を受けました。

同じ広島の大学として、ぜひ東広島映画祭にも作品を応募してくださいね!


追伸:
少しずつではありますが、コンペに関する問い合わせをいただいています。全国の学生の皆さん、10分以内に力を詰め込んだ作品、たくさんお待ちしています!

ブログ始まりました。
2007年11月30日深夜からオールナイトでお送りする

第一回東広島映画祭

のブログがスタートしました。

ここで活動内容や企画内容などの変更の告知を行っていきます。


よろしくお願いします!


第一回東広島映画祭ホームページ
http://hwm2.gyao.ne.jp/senpaime/ex.html

7月26日 広島大学にて行われた記者会見の様子

7月26日 広島大学にて行われた記者会見の様子
copyright © 2005 第一回東広島映画祭 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。